×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第59回 さっぽろ雪まつりレポート’08


 雪まつりレポも6回(年)目。
ここまでくるともう意地というか地元を離れない限り続けそうな勢いです。
当サイトの少ない更新の一つ。メインと言っても過言ではないかもしれません(ぉぃ
一年をギュッと凝縮した渾身のレポートをお楽しみくださいませ。(テキトー

今年の1丁目はどんなマスコットがお出迎えしてくれるのかな?っと。

どーん。雪像じゃねぇし。
まさかのスケートリンク登場。大きさは見ての通り。
子供連れが数人ヨロヨロ滑ってたよ。
ちょっと拍子抜けしたけど毎年同じパターンよりはいいね。
奥にみえる雪像は「ボノロン」。絵本だか子供向けアニメだかのキャラクター。
写真は別にうp予定。


同じく一丁目にあった北京オリンピックマスコット。
マスコットの存在なんて全く知らなかった・・・。
胴に風穴の空いたロゴとハルヒの絵らしき書籍の存在しか知りませんw
ま、とりあえず撮った。

2丁目は代わり映えの無い氷像ゾーン


左は日ハムのマスコット。お約束なカンジですな。
右がグリーンサンタとかいうエコロジー的なマスコット。氷像なので色はわからないけど脳内で保管してください。


そして絶滅危惧種シリーズ。今年は知床じゃなかったか。
中段右はパンダなのです。どうみてもクマにしか見えないけどナ。
周りの観光客も「クマだー」と言ってましたよ。



そして世界遺産シリーズ!!!
「環境―自然との共生・知床の森と仲間たち」・・・知床かよ
いいよね知床。確かに世界遺産だしね・・・。
自然と共生とはこれまたオコガマシイ話だ。人は自然に従うしかないのだよ。


気を取り直して3丁目へ
あれ・・・?


FREEDOMキター!!GA・KKA・RI☆
ひー、去年と同じ!!

↑去年の。
まぁ宣伝したいのはわかるけどさ・・・。
2年連続で観に来る観光客もそんなにいないだろうから通じる気もするよ。
でもね、6年連続でレポってる奴がココにいるのですよ。「またかよ。」って思っちゃうよ。
記念撮影も去年と同様にされてましたよ。そんなに写りたいか?コレと。
アニメそのものは好きだけどね。
夜は文字の下にある雪のスクリーンでFREEDOMが上映されていたらしい。


同じ3丁目にあった小雪像も手当たり次第撮ったのでまとめて掲載。


ま、特に解説はいらないかな。


さ、次は・・・っと、


ぇ。。。


な・・・っ!!


エ、SLデターーー!!GE・N・NA・RI☆
ひー、去年と同じ!!

↑去年の。
SLまでもが去年のまま。好評だったのか?雪と関係ないけど。
「去年の写真使いまわしてるんじゃねぇの?」って言われても仕方ないぞコレ。
敢えて似たような角度で撮ってる自分もイヤラシイですが。
子供連れとしては見るだけより体験することもいいのかもしれませんね。
同じパターンにガッカリしつつも美味しいネタだと思ってる自分がいますw

で4丁目


ナルニア国物語。
たしか一昨年もあったけど第二章公開ということでOKでしょう。
映画そのものにはあんまり興味ないけど馬の造形が気に入りました。


そして向かい側。
今年の夏に洞爺湖で開催されるサミットに向けてG7の代表的建造物が並ぶ。
中心の雪像は「地球を守ろう」的なアレ。
個人的にはピサの斜塔がお気に入り。きちんと斜めってますよ。裏側はアレですが。

五丁目へ


コンサドーレ札幌。
このゾーンは毎年北海道産のマスコットが造られる。
北海道米、ミルクランド北海道、そしてコンサドーレ。
昼間で明るいのが救いか。おそらく夜は暗い。暗いというのは二つの意味でな。
製作が本家だけあって出来はすばらしいのだがな。

その向かい

旧札幌駅駅舎。
今回はなんと国内からの建築物。
明治・大正の建築物の雰囲気が出てますわ。

6丁目はいつもの休憩ポイント。
食べる気無し。喫煙車にも用は無い。
この寒い中献血車で血と採られるのもイヤだ。


当然素通りで7丁目へ・・・

エジプト広場・・・という名があるが他には特に何も無い。
まぁピラミッドとスフィンクスだ。
王の墓は複数あるがカフラー王だったかの墓を雪像にしたらしい。
でもスフィンクスってだいぶ風化して顔とかわからんよな。
これは当時の再現なのか?本物を見たことないけど"似てない"と感じる。
エジプトには興味ないのでサクサク次へ。

8丁目

あれ・・・またジャンプ台が。
去年と同じ。僕秩風に表現する気も起きんわ・・・。
ホントに去年の使いまわしをしてる気がしてきた。
整備中らしく特に催しものもなければギャラリーも無く。

気をとりなおしてその向かい。

待ってましたよ日本の建築物シリーズ。
国宝 犬山城
名前がイマイチだが今まで観た城の中では一番気に入りました。
左右対称じゃないところが実にイイ(・∀・)
別名は白帝城らしい。このほうがカコイイのに・・・。

そして裏側は、

いままでの城と違って左右の造り込みもバッチリ。
これなら360度造れたんじゃないだろうか。

そして9丁目
中雪像いつものようにイマイチなのでスルー。
かまくらとか滑り台とかあったけど人気は無く・・・。
9丁目は中雪像よりも周辺にある小雪像がメインかと。


お・・・?

あの形・・・っ!!

タモさんやっぱりキタコレ(・∀・)!!


去年と一昨年のタモさん↑
今年もこのサークルはやってくれたか。一安心じゃ。
このクオリティは是非とも維持してもらいたい。

しかし去年、一昨年とHGに続きやっくんと芸能雪像を作ってたサークルが今回欠場orz
2年で脆くも退いてしまった。無念。来年の復活を願う。


そしてちょっと目についた小雪像。タイムボカンシリーズのドロンボー。
ドロンジョ様もいいけどボヤッキーがイイ味だしてます。
ここのサークルは・・・


去年取り壊されたトコと関係ありそうですな。今回は無事でなにより。
なんとなく撮った写真が一年を経て運命のようなモノを感じます。


Σ( ; ゚Д゚)はっ・・・

ぁぁ・・・ああああ・・・っ!!!

もはやお約束"キタ━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━!!!!"
そろそろ興奮は無くなってきて、変な安心感が。
クオリティも申し分無い。
コレとタモリのおかげで無事レポートが完成できるような、そんな安心感がありますw
いつこの法則(?)が崩れるのかも楽しみですがね。

さてと10丁目だ。

ここもいつものってカンジですな。
雪像は毎年違うけど数の多さとクオリティの低さと人気の無さが。
前回のマスコット寄せ集めよりは若干クオリティアップしてるようですが。
101人で作ってるのかな?
スルーはアレなんで一応撮った・・・と。

そして向かい側

待ってたぜSTV!!
マンモスとチビナックス探検隊。
チビナックスと言われても何だかわからんよな。俺も知らん。
チビナックスってのは大泉洋の演劇ユニット"チームナックス"をディフォルメアニメ化したもの。
STVのミニ番組として放送してるらしい。札幌市民だがわからん。
観光客にはサパーリだと思うぞ。
とりあえずマンモス見とけ。
それにしても向かい側で差がありすぎるなぁ。

そして10丁目の間には、

ポンデライオンキタヨ(*´д`)
今年はフレンチウーラーも参加。
ポンデのほうが丸っこくて好きだけどね。

11丁目国際雪像を一気にいっちゃいますかっ





時間の関係で今年は制作中をお邪魔することに。
半分以上は目につく作品ばかり。
さすが各国代表だけあって気合が違いますわ。
ちなみに優勝はタイの作品。象が3匹いるやつね。
制作者と並んで写真を撮る人もちらほら。
何が凄いって撮る人みんな外国語話してるんですが・・・みんな話せるのか?
雪まつり実行委員らしき若者が普通にマレーシア人と英会話してたよ。
まぁ一人くらい通訳いるだろと思ってたら、別に日本人女性がやってきて「кЯШжФЭи・・・together.」とか言ってるし。
最後だけ聴き取れた。
何?みんな話せんの?使わないだけで。


ま、それはおいといて一番気に入った国際雪像を別に紹介。

スウェーデンの作品。なんと整った立方体か。

片側が持ち上がってるんですねぇ。気になるでしょ?

これはしゃがんで写真を撮るしかないなと周りこんだら・・・













雪人が持ち上げてました^^
何度もヤスリがけをして整えてましたよ。
制作者は笑顔の素敵な女性でしたとさ。

よし、ラスト12丁目は小雪像群。




トトロ、アンパンマン、おしりかじり虫と、定番なヤツラがズラズラと。
哲学的雪像も一個だけ(右下)。
ジョジョの石仮面(左下)だけ何ともコアな小雪像だったように思える。
みんなスルーする中で頑張って撮ったよ。

12丁目で一番目を惹いたのはコレ

懐かしインベーダー。こう整った形が好きなのかなぁ自分。
某ネタサイトでも紹介されていた。目の付け所は同じらしい。

さて、これで今年も雪まつりレポートは無事に終了です。
いかがだったでしょうか?
見えてきましたか?真の雪まつりがw
観光で雪まつりを観て、"凄かった""キレイだった"という感想以上のモノを得られましたか?
それでこそこのレポートを書いた甲斐があったというものですw
高画質の写真は別口でうpしようかと思います。しばしお待ちを。


来年は・・・やる、の、かなぁ?


仕事やら仕事やら仕事やらで忙しいんですが・・・










そんなの関係ねぇ!!

でしょうね。ガンバリマス。
本当にありがとうございました。




(´-`;).。oO(いつからこういう終わり方に・・・)
 >>目次に戻る