×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第58回 さっぽろ雪まつりレポート2007


 今年で雪まつりレポも5回目となりました。
社会人になって忙しい身でありながらよく行くもんだと我ながら感心しておりますw
地元に住んでいながら毎年レポってる奴なんてそうそういないでしょう。たぶん。
毎年恒例の更新ということでお楽しみくださいまし。

※)夜の写真は吹雪のため挫折した日の写真です。
昼の写真は別の日にリベンジを果たした時の写真です。


1丁目からね。

例によって雪まつりのマスコットがお出迎え。
今回のは結構イイ出来だと思うんですよね。前回のイカとタコに比べれば雲泥の差かと。
シンプルなスノーマンですが丸っこさがイイ味だしてるかと。何気なく後ろには牛と熊がいたり。



2丁目はやっぱり氷像ゾーン

ジェンツーペンギン オラウータン

ホッキョクグマ インドクジャク

シマフクロウ ゼニガタアザラシ
吹雪のせいで氷像の透明感がほとんど感じられませんでした;;
折角のライトアップ効果も半減ですorz
画像にカーソルを乗せると動物の名前がチップ表示されるよ♪



大氷像 ダレイオス1世の宮殿と黄金のリュトン
ペルシャの世界遺産と中央に王朝の工芸品。ライトアップはキレイだけど迫力はイマイチかな。
世界遺産だけどマイナーな氷像って気がした。


3丁目へ


某食品メーカーさんの雪像。『AKIRA』で有名な大友克洋氏によるデザインのCMでお馴染み。
吹雪にさらされて結構形が崩れちゃってます・・・。
それでも雪像前で記念撮影に並ぶ人がいたりと意外と人気?
去年は暗かったけどなぁ。


何故か雪像の向かいではミニSLが子供を乗せて走ってた。
雪まつりと何の関係があるのかわかりませんが一応撮ってみた。
石炭らしき燃料をスコップで入れてるところがリアルに出来てた。
SLの後ろをオッサンが歩いてついていったのでおそらく5Km/hってところか。

で4丁目


どーん。海洋博公園 沖縄美ら海水族館よりジンベエザメ。
傍らにはイルカやらマンタも。
シンプルに見えるけどこの大きさは凄いです。実は口の中も凝って作ってあったり。
何故か表面を触ってみたくなる雪像でした。


その向かいではスティッチ登場。
そういや初めての雪まつりにもスティッチが登場してた。
まぁディズニー好きじゃないんでなかなか気付かなかったよ・・・。
スティッチの良さがまったくわからないので軽く観てスルー。
ステージでは誰かが歌ってたよ。水木なんとかさん。美声だけどまぁスルーで。

五丁目〜。


今年は米チェンではなくミルクランド北海道。
出来は悪くないのだが暗いねぇ。宣伝モノはイマイチ迫力に欠ける。



故宮・太和殿
今年は中国の旧王宮。
ライトアップはキレイだけどデザインがシンプルな気がする。
西洋の建築物のほうが好きだなぁ。
ステージでは5人組が歌って踊って・・・特に興味もなく。

6丁目はいつもの休憩ポイント。特に食べる気もなし。無駄に高いし。
素通りで7丁目へ

チャックリー・マハー・プラーサート宮殿
コレは素晴らしい( *゚д゚)=3
本当に建物があるかのよう。雪が積もってるけど冬の建物ってカンジ。同じ雪なのに。
逆光がジャマなので日差しがうまく隠れる位置で撮影。
かすかに漏れる後光が堪らないね。

8丁目

今年はスキージャンプ大会なるものをやってました。
どういう人達が集まったのかわかりませんがとりあえずジャンプしまくってました。
素人なワタシにはただジャンプしてるようにしか見えなかったのですが・・・どうだろ?
とりあえず凄そうな技は見られなかったです。


日本の建築物しりーず。
国宝 彦根城
変わらずこのディティールは凄いですね。城の区別が全くつきませんが。
彦根城なんて聞いたことなかったよ。そろそろ城も飽きてきたような

そして9丁目
中雪像は相変わらずイマイチなので撮ることなくスルー。
毎年作ってるチーム同じなのかな・・・ここらへんも気合いを入れて欲しいところだ。
そして周辺の小雪像。

おや・・・?

ア、アレは・・・!?

タモリキタ━━━━ヽ( ゚Д゚)ノ━━━━!!!!
KO・U・HU・N☆

去年と同じ!!

去年のタモリ↑
立て札の説明書きと製作者名の類似から同一のサークルによって作られたものだとわかる。
タモリ2年目突入か。去年目をつけて正解だったようだ。来年も期待。
悪天候のせいもあるかもしれないが去年のほうが出来は良かったようだ。


そしてやっくんも上手い!
てかココはたしか去年HGを作って人目を引いたサークルではないかっ!

去年のHG↑
ここは芸人シリーズってところか。このサークルにも来年期待したい。


おまけ。天候の悪さを物語る。

さくさく10丁目だ。

スルーでいいっスか?
北海道的なモノ(マスコット)の寄せ集めらしいけど何がなにやら・・・。
地元に住む自分ですらわからないのに観光客の目にはどう映るのか。
特に写真左側のイビツな何かがなんともw


そして途中にあったポンデライオン♪
後ろから観ただけで出来の良さを実感。
制作がミスドと知って納得。

そしてその向かいには・・・、

STVの力作キタ━━━━ヽ(☆∀☆ )ノ━━━━!!!!
今年もやってくれたぜSTV。遠目からもSTV制作だと分かったねっ。
タロ&ジロと南極の生き物たち
スケールの大きさといい細部の作り込みといい流石ですな。
くじら・アザラシ・ペンギンもイイ味だしてるわ。
今回の目玉はコレでしょうな。

そして11丁目も恒例の国際雪像
一気に掲載
>


今年優勝の香港だけ別角度で2枚掲載してます。
やっぱ香港・上海は強いですね。中国人は皆器用なのかと。

さ、ラストは12丁目の小雪像で。

ぇ。。。

ま、まさか・・・!!??

天使閣キタ・・・・・野田城!?
期待していただけにガッカリだよって思ったけどこのディティールといい立て札の言葉といい、天使閣にソックリである。
その後、某サイトを見てコレは天使閣だということが発覚。
そもそも野田城をイメージ検索してもそれらしい画像が一枚も出て来なかったのがおかしいわけだが。
天使閣の別名と捉えるべきなのかな。だったらいままで通り天使閣って書けばいいのに・・・。
微妙なぬか喜びをさせられてやりきれない思いでいっぱいだが今年も天使閣があったことにひと安心した。
しかも以前のディティールを取り戻している。
来年も絶対あるだろうな。天使閣かな?野田城なのかな?楽しみですね。


さて、これで今回の雪まつりレポートは終了です。
さすがに5回も連続でいくとパターンがわかってきましたね。
雪まつり公式サイトでは見ることのできない雪まつりの面白さを今後も伝えていけたらいいなと思います。

最後に日本のシンボルである素晴らしい小雪像の写真でレポートを終わろうと思います。
富士山です。どうぞー。



どうみても雪山です。我が家の前にもあります。
本当にありがとうございました。




(´-`).。oO(今年はHONDAのASIMOなかったな)
 >>目次に戻る